アンダーバー
HOME > 寺院活性化のための情報寺院運営セミナー

寺院活性化のための情報

 

第1回 オンライン展示会

「檀信徒情報管理システム『寺務台帳』について」 

 

出展社「檀信徒カルテ研究所」

講師:池邊文香氏(檀信徒カルテ研究所主宰)

 

オンライン開催(Zoomを利用したオンラインセミナーです)
>> お申し込みはこちら(申込み・決済は、Peatixのホームページで行います)

※Peatixは、イベント参加者管理のサービスを提供する会社です。

 

第1回オンライン展示会 檀信徒カルテ研究所

 

買ってほったらかしにされがちな檀家管理ソフト

 

 檀信徒の情報はお寺にとっての財産です。多くのお寺は、檀信徒名簿(紙)、名簿ソフト、現在帳、過去帳、そして住職の記憶によって管理しています。

 

 近年は、「沙羅」「やすらぎ」「天空」といった檀家管理ソフトをパソコンに入れて管理しているお寺も増えてきました。お寺によっては、「筆王」「筆まめ」といった宛名ソフトや、エクセルなどの表計算ソフトを利用していることもあるようです。

 

 檀家管理ソフトの場合、便利な機能も多いのですが、結局、郵送用の宛名を出すだけにしか使っていないというお寺も多いようです。中には、ソフトを買ったままで、何も入力せず、そのままにしているお寺もあるようです。

 

住職の頭の中にある情報をシステムで情報共有

 

 今回、オンライン展示会で紹介する〈檀信徒カルテ研究所〉は、檀信徒情報の管理システム(寺院管理ソフトのこと)を開発する寺院専門システム会社です。

 

 このシステムは、檀信徒情報を記録・共有・アーカイブし、活用するという点で、これまでの名簿管理という発想と大きく異なります。

 

 特に、檀信徒に関わる情報は、住所・電話番号、故人の戒名・命日といった基本情報だけでなく、法要の記録、話した法話の内容、その人の性格、家族関係、 はては檀信徒との口約束まで記録できます。また、既にある手書きのメモもスマホで撮影したりスキャンしたりして記録することもできます。

 

 これまで人間の記憶に頼ってきたことも、こうしたシステムを利用することによって、確実に記録できます。また、これまで住職の記憶は住職の、奥様の記憶は奥様のものでしたが、システムに記録することで、住職・寺族・職員で情報を共有できるようになります。

 

次の住職に檀家情報を伝えるために

 

 何よりも、住職が亡くなると失ってしまう情報も、ここに記録しておけば、新しい住職が、またそれを利用することができます。

 

 住職が記憶している檀家の情報を、伝えて欲しいと考えている副住職は多いと思いますが、このシステム導入を通して、情報の伝達・共有をスムーズに進めることが可能です。住職の代替わりを控えているお寺にとっては、欠かせない作業でもあります。

 

スマホからデータにアクセスすることも可能

 

 クラウドを利用したシステムというのも特徴です。

 

 システムもデータも、すべてクラウド上にあるので、パソコン上のシステムよりも高いセキュリティを保つことができます。

 

 また、WindowsでもMacでも、スマホでもタブレットでも、同じように利用することが可能ということがあります。パスワードさえあれば、全国どこからでも同じデータにアクセスすることも可能です。さらには、WindowsのOSがバージョンアップしても、システムは何の問題も無く利用できるという特徴もあります。

 

情報を保存するシステムから情報を活かすシステムに

 

 檀信徒情報管理システムを導入する上で大切なのは、情報を保存することでなく、情報を活かすことです。情報を活かすことで、年忌法要や塔婆の依頼を増やすことも可能となります。

 

 檀信徒カルテ研究所は、こうした考えで、檀信徒情報管理システムを開発しています。

 

 今回のオンライン展示会では、檀信徒カルテ研究所の活動と開発した檀信徒情報管理システム『寺務台帳』について、研究所代継続表の池邊文香氏によって説明をしていただきます。  また導入や初期設定、的なサポートなどについての説明もあります。

 

 管理システムに興味のあるお寺は、ぜひ聴講していただければと思います。

 

 

>> お申し込みはこちら(申込み・決済は、Peatixのホームページで行います)

   ※Peatixは、イベント参加者管理のサービスを提供する会社です。

 

 

ZOOM(webセミナー・会議システム)を

利用したオンラインセミナー

 

 今回は、セミナーをオンラインで行います。本来は、会場に集まっていただき、直接お会いして、お話しをさせていただきたいのですが、コロナ禍がおさまらない現在、しばらくは会場でのセミナーは行うことはできません。

 

 パソコンやスマートフォンを前に、慣れない操作をしなくてはならないとは思いますが、後日、Zoomの使い方について解説するホームページのアドレスをお送りしますので、その点、ご安心ください。

 

 オンラインセミナーが初めての方も多いと思いますが、Zoomを利用したオンラインセミナーは、案外、簡単に受講できます。これを機会に、オンラインセミナーを体験してみてはいかがでしょうか?

 

 ぜひご参加いただければと思います。

 

 

>>  葬式仏教 価値向上委員会とは

 

オンラインセミナー概要

 

■日時   令和3年11月26日(金)午後5時30分〜7時

■講師   池邊文香 氏 檀信徒カルテ研究所 主宰

■内容   講義、プレゼンテーション、質疑応答

■開催方法 Zoomを利用したオンラインセミナー       

 

※セミナーが始まるまでに、Zoomのウェブサイトにサインアップ(登録)をしておいてください。(アプリケーション「Zoomミーティング」は、無料でダウンロードできます)

 

■参加資格     寺院のみ

 

■申込み方法 

Peatix(ピーティックス)のホームページより申込み

 

※今回は、イベント管理サービスの「Peatix(ピーティックス)」を通して、申込みを受け付けます。参加費の入金も「Peatix(ピーティックス)」をを通して行います。 申込み方がわからない場合は、寺院デザイン(03-6658-4248)までお電話ください。

 

■参加費  6,000円

     ※peatix/ピーティックス決済

    (クレジットカード、paypal、コンビニ決済など)

 

■定員   50名

 

■参加資格  通常は、葬式仏教価値向上委員会の会員のみ

      参加可能ですが、

      今回のみ、会員でなくても参加できます。

 

■申込締切  11月25日(木)

      ただし、定員になり次第、

      受付は終了させていただきます。

 

■推奨環境 Windows7以降、macOS 10.9以降のパソコン

      スマホ、タブレットでも視聴可能です。

 

 

>> お申し込みはこちら(申込み・決済は、Peatixのホームページで行います)

   ※Peatixは、イベント参加者管理のサービスを提供する会社です。

 

お申し込みはこちら

 

 


ページのトップに戻る