アンダーバー
HOME > 社長のブログ > 意識調査 > 全国生活者意識調査「コロナ禍と仏事 2021」

全国生活者意識調査「コロナ禍と仏事 2021」

寺院デザインでは、令和3年8月に、
全国の40歳以上の男女に対して、
全国生活者意識調査「コロナ禍と仏事 2021」を行いました。
 
本調査では、
予想外のことでしたが、
1年前のコロナ禍が始まった頃に比べて、
供養への意識が高まっている
ことがわかりました。
 
また、同時に、
葬送の簡素化への意識が進んでいることも、
数字の上でも示されました。
その背景には、
儀式のパーソナル化を望む意識も明らかになりました。
 
本調査のレポートは無料配布しています。
 
ご希望の方は、申込みフォームからお申し込みください。
 
フォームに必要事項を入力し、「次へ」のボタンを押すと、
パスワードが発行されます。
(すぐにダウンロードできます)

全国生活者意識調査「コロナ禍と仏事 2021」レポート(全74ページ)

  申込みフォーム
  ↑  ↑
クリックしてください。
 
また、本調査のレポートは、
朝日新聞社の言論サイト『論座』にも掲載されています。
  
朝日新聞社『論座』
■全国生活者意識調査「コロナ禍と仏事」から見えてきた仏教の未来(上)
web会議の普及が、オンライン法要への違和感を拡大させた

■全国生活者意識調査「コロナ禍と仏事」から見えてきた仏教の未来(下)
コロナ禍で高まる供養の気持ち、コロナ禍で進む葬送のパーソナル化

タグ: , , ,

コメントをどうぞ